火祭りについて

近江八幡の地で千年の昔より受け継がれてきた“松明”

近江八幡市には、古くから伝わる祭りが数多く残っています。華麗な踊りや勇壮な火祭りなど一年を通じて華やかに繰り広げられる祭事は、まちに人に季節を知らせ、伝承の大切さを教えてくれます。

毎年3月から5月にかけて、市内各集落あわせて大小200基を超える松明が結われ、奉火されます。

その由緒について詳しくはわかっていません。一説によると、今から1500年以上前、西暦275年、近江に行幸した応神天皇が日牟禮(ひむれ)八幡宮へ参詣するにあたって、琵琶湖岸に位置する南津田の7軒の家の者がヨシで松明を作り、火をともして天皇を道案内したと伝わっており、これが始まりではないかとされています。

松明は、ヨシと菜種ガラを主な材料として作られ、なかには10mにもおよぶ大きさのものもあります。形や扱いもさまざまで、火を点けながら手で振りかざす「振り松明」や引きずりながら持ち込む「舟松明〈曳摺(ひきずり)松明とも呼ばれる〉」、「徳利(とっくり)松明」などがあります。

火祭りコラム

近江八幡の火祭りにまつわる見どころや、継承にたずさわる人たちの想いなど、地域密着の情報を写真や動画と一緒に特集記事を掲載しています。

近江八幡の火祭り

国選択の無形文化財について

松明祭りとは

近江八幡に古くから伝わる松明祭りについて

八幡祭

千数百年の歴史をもち近江八幡市が最も誇る祭礼

四月祭礼と五月祭礼

金田・武佐学区で行われる郷祭り

松明結を未来につなぐ

神様によって結ばれたかけがえのないコミュニティ