長命寺町(日吉神社)

 
 

松明の特徴

松明

5mくらいで太さは底の部分でおおよそ1m。芯棒をころがしながら、藁束を巻きつけて胴体を作っていく。藁は17段くらいで必ず奇数にする。先へ行くほど細くしてゆき7段目くらいから柄の部分を短く切って使用する。胴ができると次はヨシを巻いて形を整えていく、ヨシは巻きやすいように3ヶ所で2本ずつ編んでいき、松明の本体に巻き付けた後で荒縄で五重巻きにする。荒縄は男結びとする。ヨシは先端部分から約1mのところで数本ずつまとめ折り曲げて鉄の輪をはめ込む。松明の先端には菜種ガラを束ねたものを立てる。正面には真竹の飾りを神社に向けて取り付け、笠の周囲などには杉葉で飾りをする。

雌松明(1基)

5mくらいで太さは底の部分でおおよそ1m。長さ5~6mほどの青竹を円錐状に立てる。菜種ガラを14束ほど編むように巻いていき、その上から縄で上の輪に結んでいく。菜種ガラの数は奇数であればかまわないそうなので、大体11~13段にする。笠は竹で作った輪を笠の骨とする。本体の長さを2mほど残して菜種ガラを巻き終え、そこに藁束をさらに奇数回括ってその部分にヨシを飾り付ける。ヨシはあらかじめ簾状に編んでから巻きつけ、荒縄で一度固定し簾にしておいた括りを切りほどき芯竹の長さにあわせて切りそろえる。ヨシの穂先15cmほどから約50cm間隔に荒縄で三重に堅く縛ってゆく。ヨシをつけたあたりに首飾りと呼ばれる杉の葉を飾り、正面に飾り竹を取り付け、ホウキと呼ばれる飾りを取り付ける。

基本情報

神社名 日吉神社
松明の名称・種類・本数 松明4基
祭礼名 日吉神社祭礼
場所(住所) 近江八幡市長命寺町
日時 4月12・13日
地域の概要 市北西端の琵琶湖沿岸に位置し、長命寺の門前町でもある。かつては土産物屋などの商店や宿が軒を連ねていたが、現在は激減している。もともと春の祭礼に松明行事はなく、始まったのはここ100年の間のことと伝わる。