白王町王之浜(若宮神社)

 
 

松明の特徴

高さ5mほどで頭の笠の部分は、檜の葉で飾られるほか、松明中段付近には御幣が差し込まれ、また、正面に当たるところには、正面竹と呼ばれる飾りの青竹が取り付けられる。

大松明

高さ3mほどの青竹を4~5本立てて、その周りに松明を作った後の残り屑を積み上げて行くもので、最後にはその周囲に藁コモを被せるよう巻いて底辺がおよそ3m弱の円錐状になる。

基本情報

神社名 若宮神社
松明の名称・種類・本数 大松明1基/松明2基
祭礼名 若宮神社祭礼
場所(住所) 近江八幡市白王町
日時 4月第3土・日曜日
地域の概要 白部山を挟んで東側にある。集落が琵琶湖に面していたかつて、惟喬親王が流浪の末に寓居したという伝承が地名の由来になっており、若宮神社でも親王を祀っている