白王町白部(若宮神社)

 
 

松明の特徴

高さ5mほど、笠の下に「ノォガケ」と呼ばれる菜種ガラの飾りが施される。

シュウシ松明

竹の担ぎ棒が取り付けられる。

大松明

青竹3本を先端で組んでテント状に立て、その中に松明を作った後の残り屑などを積み上げ、これに境内への入口の木に掛けておいた勧請縄を外してきて巻き付ける。

基本情報

神社名 若宮神社
松明の名称・種類・本数 松明5~6基/シュウシ松明1基など
祭礼名 若宮神社祭礼
場所(住所) 近江八幡市白王町672
日時 4月第2土・日曜日
地域の概要 西の湖から長命寺川が琵琶湖へと注ぐその北岸に位置し、白部山を挟み王之浜と白部に分かれる。かつて湖に面した集落だったが、昭和中期の大中の湖の干拓事業によって内陸部となり景観が著しく変化した地域のひとつ。国の重要文化的景観「近江八幡の水郷」の構成地として白部全体が指定されている。