竜王町 弓削

 
 

松明の特徴

円松明は近江八幡市内各地で作られる「笠松明」と同様の形態で、菜種ガラを13段の仕上げ。三角松明はこの神社でしかみられない特徴的な形態で、竹で骨組みを組んだ上に菜種ガラで化粧を施し、上部に御幣を飾り付ける。宵宮では、打ち上げ花火が行われたのちに松明を奉火される。松明は2つとも高さ10m程。

基本情報

神社名 小日吉神社
松明の名称・種類・本数 円松明1基/三角松明1基
祭礼名 小日吉神社大祭
場所(住所) 蒲生郡竜王町弓削857
日時 5月1・2日
地域の概要 近江八幡市を隔てる日野川が近くを流れる。小日吉神社は日吉大社(大津市坂本)の社領地であり、その分霊である大山咋之命を祀ったと伝わる。松明奉火前に手投げ花火や仕掛け、打ち上げ花火などが上げられる。