東近江市 糠塚町

 
 

松明の特徴

大松明はかつては宵宮と卯の刻祭りの2基あったが、近年(平成26年~)は宵宮の1基のみとなってしまった。

基本情報

神社名 巽神社
松明の名称・種類・本数 松明1基(宵宮のみ)/中松明2基/小松明15本程度
祭礼名 春大祭
場所(住所) 東近江市糠塚町68番
日時 3月27・28日に近い土・日曜日
地域の概要 東西に長い東近江市域のほぼ中央に位置し、北は近江八幡市安土町内野と接する。古くから蒲生野と呼ばれる一帯で、集落の西隣の野口町との境には万葉の森船岡山公園があり、山頂には蒲生野を顕彰した万葉歌碑(東近江市史跡)がある。また、地域は農村地帯で、集落営農が盛んな地域で、地域内にある万葉の郷ぬかづかでは減農薬作物の販売や加工品など人気を集めている。