東近江市 羽田

 
 

松明の特徴

宵宮の日、羽田神社の鳥居前に集合した北方、西方、南方、平石の各集落は、途中、中羽田と合流して八幡神社に渡り、八幡神社での神事の後、羽田神社にもどる。羽田神社では、馬場の「タイマツ」(11基、周囲8~10m)と本殿前の二つの「ワカイシタイマツ」(周囲約15m)を燃やす。翌日の本祭は、各集落参集し、拝殿での神事の後フキハヤシを奉納し、中羽田の桜の馬場に渡り、そこでもフキハヤシを奉納する。下羽田町剣神社では、18時半に公民館から、ワカイシュ(若衆)と氏子総代などの役員が剣神社に向かい、宵宮神事の後境内の「タイマツ」に火が点けられる。

基本情報

神社名 羽田神社(上羽田町)、八幡神社(中羽田町)、剣神社(下羽田町)
松明の名称・種類・本数 ワカイシタイマツ2基/タイマツ11基
祭礼名 羽田神社・八幡神社合同例祭、剣神社春季例祭
場所(住所) 東近江市上羽田町(西方、北方、南方)、中羽田町、下羽田町
日時 4月第1土・日曜日
地域の概要 旧八日市市のうち最も西に位置する平田地区に含まれ、近江八幡市と接する。上羽田町の羽田神社と中羽田町の八幡神社の合同祭礼、下羽田町の春季大祭の行事として松明奉納がある。かつては広範囲の周辺村も加わる行事だったが、明治以降羽田郷のみで行われるようになった。4地区から15基を奉納し、途中花火も上げられる。横笛2人・鼓・太鼓の男子が4人1組で囃子を囃す「フキハヤシ」の行事もある。