田中江町(八幡神社/日枝神社)

 
 

松明の特徴

松明

長さ約二間(3.6m)の杉丸太を芯棒とし、大(高さ4m)は菜種ガラを7段、小(約3.5m)は縄で5段に結い付ける。直径は下端で約1m。最上段にはヨシを付け、上部を折り曲げて開いた笠形にする。笠には菜種ガラでハチマキを巻く。笠の一部に菜種ガラの大小の飾り(ノシ)をつける。円錐形の一辺に竹の支えを付ける。当日、御幣を胴の上部に付ける。完成したら境内に縄と竹で支えて立てておく。大きい松明を本社よりに、小さい松明を入口寄りに立てる。向きは飾りをつけたところを本社に向かって右斜め前に向くようにする。

笠松明

松明は長さ二間半(約4.5m)の杉丸太を芯棒とし、菜種ガラを11段に縄で結んで結い付ける。最上段にはヨシを巻き、先端を折り曲げて笠とし、菜種ガラでハチマキを巻く。松明の一辺を竹につけ、先端の笠部のみ笹を残す。松明の胴部の上の方に御幣をさす。高さは約7~8mある。稚児松明は長さ二間(3.6m)。先端のハチマキは注連縄で高さは約6m。松明は境内の入口の方から下・中・上の松明、稚児松明の順に1列に立てる

基本情報

神社名 ①:八幡神社
②:日枝神社
松明の名称・種類・本数 ①:松明2基
②:笠松明3基/稚児松明1基
祭礼名 ①:八幡神社祭礼
②:日枝神社祭礼
場所(住所) ①:近江八幡市田中江町519
②:近江八幡市田中江町131
日時 ①:4月2・3日
②:4月の最終土・日曜日
地域の概要 集落の中央を朝鮮人街道が横断する。集落は「上の切り」「中の切り」「下の切り」に分かれ、それぞれに日枝神社・八幡神社・八幡神社を祭祀していたが、明治に中の切りの八幡神社を日枝神社の境内に移した。現在の八幡神社は下の切りの氏子で祭礼が営まれる。