友定町(八坂神社)

 
 

松明の特徴

檜の杭を8本立て、さらに横に4本組み、青竹でぐるりをまわした後、樫の枝で形作られる松明。オボン松明と点火に使用する火つけ松明の2つに藁で龍が巻き付けられる。火つけ松明の龍は小さく、松明先端部に竹の飾りとともに付けられる。オボン松明用は大きく3人がかりで編んで付けられる。

基本情報

神社名 八坂神社
松明の名称・種類・本数 オボン松明1基/火つけ松明
祭礼名 四月祭礼
五月祭礼
場所(住所) 近江八幡市友定町310-1
日時 4月第1土・日曜日
地域の概要 集落のちょうど中心あたりで国道8号と八風街道が交差する。幹線道路沿いは商業施設が立ち並ぶ。祭礼は、友定町と野田町の氏子で執り行われるが、松明は各町で製作される。八坂神社の祭礼は、元来五月祭礼だったが、出雲神社祭礼と一体化することにより4月に改められた。