武佐学区

市の南東部に位置し、江戸時代には中山道の宿場町「武佐宿」として栄えた。
武佐宿は中山道と八風街道の結節点にあたり、武佐町の交差点を中心に約1kmにわたって伝統的な町並みが続いている。