馬淵・千僧供町・岩倉(馬見岡神社)

 
 

松明の特徴

毎年5月1日の午前に、馬見岡神社の境内をやや下った所定の場所で作られる。これは、馬淵と千僧供と岩倉と交代で作られている。

基本情報

神社名 馬見岡神社
松明の名称・種類・本数 据松明1基
祭礼名 馬淵郷の祭り
場所(住所) 近江八幡市馬淵町476
日時 5月1・2日
地域の概要 馬見岡神社は瓶割山南端の山麓にある。近世の馬淵村・千僧供村・岩倉村(現在の馬淵町と千僧供町)の郷社で、式内の論社。3集落はそれぞれ氏神をもち、総鎮守として馬見岡神社が位置づけられ郷祭りが行われる。馬淵4分、千僧供4分、岩倉2分というかつての用水配分比が、祭礼の役割分担率などと見事に対応している。