小田町(小田神社)

 
 

松明の特徴

芯棒に束にした菜種ガラを巻き縄で縛る。これを松明の下から上へ巻きつけていく。さらに編んだ菜種ガラを巻き、松明を転がしながら順に太くしていく。上の丸い笠の骨組みは青竹を適当な長さに切って割り、円形にし中央に十字に骨組みを入れる。ヨシを縄で編み松明の先に付けて根元を縛る。ヨシを折り曲げて開き円形にし、青竹の輪の骨組みを固定して、笠の形になるよう縄で編んでいく、笠の中程には菜種ガラを丸く付けて飾る。笹のついた青竹を松明の側面につけ、笠の上に笹の先が出るようにする。笹の出ている方が正面。正面に御幣をつける

基本情報

神社名 小田神社
松明の名称・種類・本数 笠松明3基(小田町1基、江頭町1基、十王町1基)
祭礼名 小田神社の郷祭り
場所(住所) 近江八幡市小田町
日時 4月13・14日に近い土・日曜日
地域の概要 市南西部にあり、日野川を挟んで野洲市に接する。小田・十王・江頭の3町の氏子による郷祭りとしての祭礼で、各町より大松明が奉納される。この3町は中世の荘園・仁保庄の結びつきをもつといわれている。同神社の楼門は国の重要文化財。