八木町(日吉神社)

 
 

松明の特徴

大松明

中心に御幣を付けた笹竹を1本立て、胴の部分にヨシを巻き、その周りに菜種ガラと藁を積む。周りには竹を5本立て、これを縄で結んで結界を張る。

基本情報

神社名 日吉神社
松明の名称・種類・本数 大松明1基/松明2基
祭礼名 日吉神社の松明祭り
場所(住所) 近江八幡市八木町397
日時 4月初旬
地域の概要 松明祭りのときには日吉神社と稲荷社に松明が立てられることなどに関連して、ふたつの集落から人々が移り住み成立したという伝承がある。桐原学区のなかでは唯一、菅田神社(中小森町)の松明祭りと関わりがない集落。