中小森町(菅田神社)

 
 

松明の特徴

松明

内側を藁で固め、外側に菜種ガラを奇数の数だけ段になるように巻き、頸部はヨシで覆う。笠部は椿を巻いて、竹と菜種ガラで作った突起状の装飾を御幣を付けている。胴に添えられた竹が見える面を正面、それを神社に向けて立てる。松明は2基作るが、突起状の装飾形態が異なり、それぞれ、オンとメンを象徴している。

大松明

高さ3mほどの笹竹を1本中心に立て、その周囲にヨシを三角錐になるように組んでいくもの。

基本情報

神社名 菅田神社
松明の名称・種類・本数 松明2基/大松明1基
祭礼名 菅田神社の松明祭り
場所(住所) 近江八幡市中小森町1207
日時 4月初旬
地域の概要 JR琵琶湖線の西側沿線に位置する。祭礼では、現在の氏子である中小森・赤尾・日吉野・白鳥・大森の各町が参加して行われている。若宮町・堀上町は自町に独自の松明祭りがあるが、明治から昭和初期にかけてはこの祭礼に加わっていた。