浅小井町(今宮天満宮/津島神社)

 
 

松明の特徴

松明

2mほどの丸太を三角錐に組み、ヨシを被せていく。中に10本ほどの笹のついた青竹を立て、細い縄を胴に巻きつけて安定させ、竹の先端からヨシの穂を×(バツ)印にしたものを垂れ下げる。最後に太い注連飾りを編み松明のくびれた部分に男結びで巻き付ける。

開き松明

8~10m、用水に漬けておいた杉材や新調の材またはパイプを取り出し麦藁を巻き付ける。下部に菜種ガラの袴、上部にヨシの袴を巻き付ける。ヨシは上部になる部分を折り曲げ笠になるようにし、円形の青竹で固定する。円形の青竹の部分に檜や杉の葉を飾りつける。松明の正面に青竹を括りつける。

基本情報

神社名 ①:今宮天満宮
②:津島神社
松明の名称・種類・本数 ①:松明2基
②:開き松明6基
祭礼名 ①:今宮天満宮祭礼
②:津島神社祭礼
場所(住所) 近江八幡市浅小井町531
日時 ①:4月第1土・日曜日
②:7月第3土・日曜日
地域の概要 北部は西の湖に接し、水田が開ける。集落の南側を朝鮮人街道が通る。古くからイ草の生産、加工が盛んに行われ、地場産業として発展してきた。小路と呼ばれる区割り制度で集落を6つに分け、この小路を一つの単位として祭礼を行う。