大林(八幡神社)

 
 

松明の特徴

松明

松明は高さ6m前後、ヨシの段数は七段が多く奇数を良しとするが、九段は苦に通じるとして忌む。宵宮前日13日に、出町1基、八幡町1基都合2基を、日牟禮八幡宮馬場で結い立てている。小祭りのものと比べると形態は同様であるが、随分高くなっている。

基本情報

神社名 ①:八幡神社②:日牟禮八幡宮
松明の名称・種類・本数 ①:笹松明1基/松明4基
②:松明2基
祭礼名 ①:八幡神社の春の祭礼
②:八幡祭
場所(住所) 近江八幡市出町
日時 ①:4月第1日曜日
②:4月14・15・16日
地域の概要 近世は林村と称し、近代以降その一部が「出町」として町場化した。市街地化が激しく、他町のように村の祭りをそのまま受け継ぐ形でなく、第14・15自治会として動く。
旧八幡町開町以前の日牟禮八幡宮の馬場はここの八幡神社まで伸びていたと伝わる。八幡祭では上之郷に属する。