北之庄町(北之庄神社)

 
 

松明の特徴

松明

芯棒の木にセイタカアワダチソウの枯茎を巻き、表層に化粧ヨシを巻き付け荒縄を4箇所で結ぶ。裾へ袴状に菜種ガラを巻き、上部にも菜種を付ける。化粧ヨシの先を放射状に広げ、割竹の輪を付けて広がったヨシを固定する。

徳利松明

約4.3mの藁縄7本を等間隔に並べ、その上へセイタカアワダチソウの枯茎を上下重ね合わせ、その上に芯棒(長さ4.5m丸太)をおいてこれを包むように縄で縛る。藁束を縄で編みつなぎ、これをつくしの袴のように松明の根元に巻き縄で縛る。松明を立てて周囲に化粧ヨシをあて、その根元を強く縛るのに藁縄を4周巻く。細くくびれた部分にも縄を4周回して縛る。最上部は傘の骨を逆さに広げたようにヨシの根元を先にして放射状に開花させ、割竹の輪を付けて固定する。

基本情報

神社名 ①:北之庄神社
②:日牟禮八幡宮
松明の名称・種類・本数 ①:松明・大松明2基/引きずり松明
②:徳利松明12基
祭礼名 ①:北之庄祭
②:八幡祭
場所(住所) 近江八幡市北之庄町1098
日時 ①:4月第1日曜日
②:大祭り 4月14・15・16日
地域の概要 八幡山北東部に位置し、西の湖に接する。
田園地帯の中にヨシが群生する北之庄沢が広がり、集落の一部は国の重要文化的景観「近江八幡の水郷」の構成地となっている。八幡祭では上之郷に属する。豊臣秀次の城下町整備の際、日牟禮八幡宮の宮元から北方の現在地に移り住まわせたと伝わり、氏子のなかでも古式を残す祭礼を伝える。